よくあるご質問

ブログ

NO TOFU NO LIFE … !! タイ・バンコクに三原豆腐店様進出です!

  • design

  • news

  • wear

ジャスティープラント開業当初からのお客様でもある『三原豆腐店』様。
佐賀県鹿島市の三原食品で毎朝製造される新鮮な豆腐を提供する福岡でも予約必須の人気です。
今年(2018年)4月、タイの首都バンコクに、4年連続アジアのベストレストラン50で優勝したGagganさんとのコラボ店舗をオープンされました。
先日、お伺いした時の様子をジャスティー目線でお伝えします。

text_Tanaka Kaori

photo_Tanaka Kaori


日本の美味しい豆腐を世界に広めたい!

バンコクの中でも注目の熱いサトーンエリアの路地裏にキラリと光る家紋の看板発見!

ジャスティープラントの開業当初からのお付き合いである三原豆腐店のオーナー三原さんは、センスが良くて、熱いハートを持った方。(元Jリーガーでもある!)そんな三原さんの周りにはやはり魅力的な方が沢山集まってくるのです。以前から「僕らがつくっている豆腐を世界に広めていきたい!」とおっしゃっておりましたが、アジアベストレストラン50の首位を走り続けていらっしゃるガガン(Gaggan)さんが、三原さんのお豆腐と人柄に惹かれて、世界進出の第一号ともなるタイのバンコク出店が実現しました!

進化する三原豆腐店のお料理の数々...

ワクワクする演出が詰まった豆腐のコース料理はヘルシーでありながら食べ応えあり。

バンコクの三原豆腐店では、日本のお店で食べるお豆腐料理がさらに進化した、豆腐のコース料理が楽しめます。 美味しい「豆乳」にはじまり、名物「まぼろしの厚揚げ=通称 まぼあつ」も、いくらがのるとまた違った表情に... 。 またお洒落な三段重のお弁当箱に入って提供されるお豆腐料理もあったりと、ひとつひとつオーナーの目利きで選ばれた器も素敵で、海外の方に器もお料理も日本らしさを感じてもらえる内容になっておりました。

日本発信のこだわりチームウェアで

シンプルながら、シルエットやワッペンのサイズにもこだわりあるユニフォームを着て働くスタッフ様

これまで、ロゴやユニフォーム、お豆腐や生チョコのパッケージデザインなどを制作させていただいているジャスティープラントですが、今回のバンコク用のユニフォームも、オーナー様と「こうしよう、ああしよう!」 とブレストしながら作りました。そうやって完成したユニフォームを、現地のスタッフさんが着用して働いている姿を見て、とても嬉しかった反面、「この空間だったらこうしたほうがいいかも!」などと、直に見れたから感じる部分もあって次のご提案に活かしたいと思いました。

〆からスイーツまで楽しませる仕掛け

〆の豆乳素麺の豆腐容器風の器は白と青の2種類。生チョコが入った器も全て可愛い!

豆腐の容器に見立てた陶器の器に入った〆の豆乳素麺。上にはロゴが入ったフィルムをのせてリアルな豆腐容器を再現しており、このフィルムはジャスティーで制作させていただきました。 「ショップカードがわりに持って帰る人も多くてとても評判がいいですよ!」とスタッフのまささん。 最後のスイーツも大人気の豆腐生チョコなど盛りだくさんの内容で、お客様に喜んで欲しいという思いがすごく伝わってくるコース内容に大満足でした。

三原豆腐店「らしさ」でこれからも進んでいく。

最後にgagganさんモチーフのVAGABONDTシャツをお揃いで着てスタッフのまささんと記念撮影

お店の内装デザインも、美味しい料理も感動だったのですが、何より感動したのが、バンコクでも変わらない三原豆腐店様の「接客力」。福岡から立ち上げで行かれていたまささんのコミュニケーション能力は、所変わったバンコクでも健在で、彼を筆頭に現地のスタッフさんも皆さん元気で気持ちの良いおもてなしに感動でした。 お店の場所やコンセプトなどの多少の変化があったとしても、「うちはうちらしくありたい。」とおっしゃっていたまささんの言葉が心に残っています。 ブレない強さは持ちつつも、進化し続ける三原豆腐店様、これからも一緒に盛り上げてけたら嬉しいです。

三原豆腐店 BANGKOK

住所 5 Khwaeng Thung Maha Mek, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120
電話番号 +66 83 655 4245
営業時間 18:00〜23:30(日曜定休)
Facebook https://ja-jp.facebook.com/Mihara.Tofuten.Bangkok/
  • 友達に教える

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Google+